クレジットカード現金化の種類

皆さんはクレジットカード現金化という言葉を聞いたことがありますか。最近インターネット等でこの言葉を目にするという人も少なくないと思います。クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使ってクレジットカード現金化業者が指定するキャッシュバック付き商品を購入し、その購入代金に応じて同様に各クレジットカード現金化業者が規定しているキャッシュバック率に基づいた現金がカード利用者指定の口座に振り込まれます。いわば一種のキャッシング、資金融資なのです。
ところで一口にクレジットカード現金化と言っても、クレジットカード現金化にはいろいろな種類があります。皆さんが実際にクレジットカード現金化を利用する場合、必要な金額、キャッシュバック率、返済時期等をよく考慮して、適切な方法を選択することが肝心です。
買取
最近新聞やテレビ、インターネット等で金や貴金属買取の広告を多く目にします。手元にこうした金や貴金属、プラチナ、ダイヤ、ブランド品等といった高価かつ「お金になるもの」があれば手軽にそれを売って現金化できることが大きな魅力です。不況という背景もあるせいか、現在こうしたビジネスが花盛りのようです。専門の買取店の他、伝統のある質屋、中古品買取店といった業種も参入しているようです。そうした買取は最近よく耳にしますが、実は昔からある手法です。クレジットカード現金化の場合、最も代表的な方法はまずブランド品や貴金属等を、クレジットカード現金化業者が指定する店舗にて、クレジットカードを使って購入します。そしてその商品をクレジットカード現金化業者にて買い取ってもらうという方法です。気になる換金率ですが、60から70%という数字が一般的のようです。とはいえ、残念ながら悪徳業者も少なくなく、例えばやれ傷があるだの、希少価値に乏しいだのといった難癖をつけて買い叩いてくる業者もいますので、注意が必要です。
キャッシュバック
現在インターネット等でクレジットカード現金化という言葉をよく目にし、実際クレジットカード現金化業者が数多くクレジットカード現金化サービスに関する広告を出していますが、多くがこのキャッシュバックという形でクレジットカード現金化を行っています。キャッシュバックとはクレジットカード現金化業者指定の店舗でクレジットカードを使って商品を購入すると、商品と一緒に現金を受け取ることができる方法です。受け取る現金の金額ですが、商品の値段とキャッシュバック率によって決まります。このキャッシュバック率は大体80から90%というのが相場です。例えばキャッシュバック率90%の店で10万円の買い物をした場合、クレジットカード現金化業者から10万円×90%、すなわち9万円が振り込まれます。商品受け取りと同時に現金を受け取るとは一見不思議に見えますが、家電量販店などでお馴染みの手法です。これは景品という扱いになっているのです。オンラインでサービスを行っているクレジットカード現金化業者が多いですが、店舗を構えているところもあります。オンライン決済の場合、商品配達時の決済もできますが、即日振り込みも可能です。その場合、商品配達時決済に比べ、もちろんお金の受け取りは早いですが、若干キャッシュバック率が下がります。
店舗
クレジットカード現金化業者の中には店舗を構えているところもあります。クレジットカード現金化は基本的にインターネットでできますが、相手の顔が見えなくて不安だという利用者はクレジットカード現金化業者の店舗を訪れるとよいでしょう。但しクレジットカード現金化業者がよく駅前などに店舗を構えていますが、家賃などのコストがかかるため、その分還元率が悪くなっていることもあります。
インターネット

多くのクレジットカード現金化業者はオンラインでサービスを行っています。インターネットでは無論家賃等のコストがかからないため、店舗よりも還元率が若干よくなっていることがあります。しかし一方で実物がわからないため、危険性が高まるリスクも孕んでいます。インターネットと店舗の2本立てで営業しているクレジットカード現金化業者もいるのでその場合はどちらを利用するか選択が可能です。但しどちらにせよ悪徳業者が存在するので注意が必要です。

Valuable information




最終更新日:2020/3/5