クレジットカード現金化の決済方法

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使ってクレジットカード現金化業者が指定するキャッシュバック付き商品を購入し、その購入代金に応じて同様に各クレジットカード現金化業者が規定しているキャッシュバック率に基づいた現金がカード利用者指定の口座に振り込まれます。いわば一種のキャッシング、資金融資なのです。
では実際にあなたがお金が入用になってクレジットカード現金化サービスを利用するとします。それではどうやってこのクレジットカード現金化を行うのでしょうか。具体的にはどうやってこのクレジットカード現金化の取引、決済をするのでしょうか。
方法は主に3つあります。一つはオンライン決済です。この方法が最も早く現金を手にでき、一般的な方法だといえます。まずはクレジットカードのショッピング枠がどれだけ残っているか調べます。クレジットカード会社で確認すればわかるはずです。ここでクレジットカードのショッピング枠を使い切ってしまった、余裕が無い場合はクレジットカード現金化サービスを利用することができません。クレジットカード現金化を行うには、クレジットカードのショッピング枠に余裕がある場合に限られます。クレジットカード会社に確認し、クレジットカードのショッピング枠に余裕があれば、次にクレジットカード現金化を行っている会社に電話やホームページ上のフォームを使って連絡します。するとクレジットカード現金化会社の側から本人確認のための電話がかかってきます。本人であることを確認した後で身分証明書の写しなどをメールやFAXを使って送信します。その後オンラインで商品を購入します。商品購入が確認されれば、クレジットカード所有者が指定する口座にお金が振り込まれてきます。そして後日商品の配達が行われます。
以上がオンライン決済の場合、その次が商品配達時決済のケースです。まず第一歩はオンライン決済のケースと同様、クレジットカードのショッピング枠の確認です。ショッピング枠に空きがあることを確認した後で、クレジットカード現金化会社に連絡します。その後本人確認の手続きを行います。ここまではオンライン決済と同じですが、ここからが異なります。商品配達時決済のケースでは、商品を注文した段階ではお金は振り込まれません。後日配送業者が注文した商品とクレジットカードの端末機を持ってきます。そのときに決済することになります。その後クレジットカード所有者が指定する口座にお金が振り込まれてきます。オンライン決済と商品配達時決済では、お金が振り込まれるのと商品が配達されるのと、順序が逆だと思っておいてください。
以上の2つに加えてもう一つのケースが店舗決済です。クレジットカード現金化会社には駅前などに店舗を構えているところもあります。オンラインではなんとなく不安だという人には、実際に店舗を訪れる方法が安心かもしれません。店舗決済の場合、クレジットカードと身分証明書を持ってクレジットカード現金化会社の店舗へ行きます。そこで本人確認とクレジットカード現金化申し込みを行います。ここで商品購入ですが、その方法は2種類あります。そこの店舗内で購入するか、指定された別の店舗で購入するかです。購入した商品と現金を窓口で交換します。または商品の受け取りと同時に、キャッシュバック率に基づく現金も受け取ります。こうして現金を受け取れるわけですが、返済はクレジットカード会社に対して返済となるので、その後返済のために再度来店する必要はありません。

以上のようにクレジットカード現金化にはいくつかの決済方法がありますが、決済方法によってお金を受け取る時間やキャッシュバック率が異なる場合があります。皆さんの必要に応じて決済方法をよく吟味する必要があります。

recommend




Last update:2019/12/11